166. ウワミズザクラ (バラ科)

ウワミズザクラ (バラ科) ( Prunus grayana Maxim. )

 木の高さが、10m近くなる落葉高木。
 サクラといっても、直径6〜8mmの白い花が穂になり、総状花序を作るもので、たいへん変わっている。花期は、4〜5月。
 樹皮は、暗紫褐色。皮目は横縁。葉は長楕円形、両面無毛。イヌザクラと似ているが、ウワミズザクラの方は、花の下に数枚の葉がある。
 ウワミズザクラの名は、「上溝桜」(材の上面に溝を彫って亀卜に使ったため)がなまったものである。
 緑色の果実を塩漬け(杏仁香)にして食べる。
 クソザクラ、ヘッピリザクラ、ヨグソザクラの俗名もある。

ウワミズザクラへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME