051. ヤブカンゾウ (ユリ科)

ヤブカンゾウ (ユリ科) ( Hemerocallis fulva Linn.var.kwanso Regel )

 原野の日当たりのよい多々湿った所に生える多年草。高さは10〜20cm。7〜8月に橙色の花をつける。花は、直径約10cmの八重咲きで、内側にある雄しべが弁化して花びらになったものである。ニッコウキスゲやノカンゾウと同様、一日花である。葉は広線形で白い粉をふき、先が垂れている。 
 花、新芽を食用とする。ノカンゾウとよく似るが、花が一重であることから区別できる。

<花言葉>憂を忘れる。

ヤブカンゾウへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME