251. ヤブニンジン (セリ科)

ヤブニンジン (セリ科) ( Osmorhiza aristata (Thunb.) (Rydberg.) )

 山野の木陰や竹林などに生える多年草で、全体に白毛がある。高さ40〜60cm。
 花は4〜5月に開き、白色で、雄花と両性花が混る。果実は細長く、上向きの剛毛があり、基部は細まっている。
 「ヤブニンジン」は、ニンジンの葉に似て、やぶなどに野生することに由来する。
 青葉山では畑付近にたくさん見られる。

ヤブニンジンへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME