306. ヤエムグラ (アカネ科)

ヤエムグラ (アカネ科) ( Galium spurium Linn. var. echinospermon (wallr.) Hayek )

 高さ60〜90cmの一〜二年草で、荒地に生える。5〜6月に淡黄緑色の花を咲かせるが、小さくめだたない。茎は柔かく四角ばり、また逆向きのトゲがあって人にくっつく。葉は6〜8枚輪生し、細長く、トゲがある。いく重にも重なりあって茂るのでこの名がついた。宮教大周辺にたくさん茂っている。
 万葉集には八重葎(やえむぐら)、八重牟具良(やえむぐら)、八重六倉(やえむぐら)ででてくる。

八重葎茂れる宿のさびしさきに 人こそみえね秋は来にけり  (恵慶法師)
玉敷ける家も何せむやえむぐら おほえる小屋も妹と居りせば (万葉集)

ヤエムグラへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME