211. ヤマモミジ (カエデ科)

ヤマモミジ (カエデ科) ( Acer palmatum Thunb. var. matumurae (Koidz.) Makino )

 中部以北の山地に生える落葉高木。高さ5〜10mで5月頃濃紅色の花をつける。
 葉は7裂、鋸葉はふぞろいで、粗いものと細かいものが二重になっている(重鋸葉)のが特徴で、オオモミジと区別される。
 9〜11月、褐色の実がなる。花には雄花と両性花がある。この葉は、葉柄の部分が鋭角に出ているのでわかりやすい。
 実の羽は水平に近く開く。

ヤマモミジへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME