168. ザイフリボク (バラ科)

ザイフリボク (バラ科) ( Amelanchier asiatica (Sieb. et Zucc.) Endl. )

 本州では、宮城県以南に分布する。山地に生える落葉高木で高さ10mに達する。樹皮は、薄い灰白色、花のころ若枝や若葉の裏には、白綿毛を有するが、のち無毛となる。5月に、短枝に約10個の白花が密集して開く。幹は、紫色を帯びている。木全体が白っぽく美しいので、公園樹、庭木として植えられ、宮教大構内でも見られる。
 「采振り木」の意味で花序を采配(厚紙を細く切ったふさに柄をつけたもの)にみたてた。

岨道は雲となりけり四手桜(陽春)

ザイフリボクへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME