2005年11月30日

アズキナシ



 日本全土の山地に生える落葉高木。高さは15m程度。小枝は赤褐色で、5〜6
月枝先に5弁の白い花が集まって咲く。葉は互生し、縁には重鋸歯がある。秋
に赤い実をつける。材は、家具や薪炭に使われる。
 実がナシに似ていてしかも小形であるという意味で、「小豆梨」とついた
が、実際の実はナシに似ているとは思えない。別名をハカリノメと言い、枝に
点在する白い皮目を秤の目盛に見たてた。
 青葉山では、哲学の岩のところにある。

続きを読む "アズキナシ"

Posted in 青葉の森 on 2005年11月30日 22:06