2005年11月30日

ウワバミソウ




 山中の湿った斜面にむらがって生える,高さ30〜40cmの多年草。茎はやわら
かく無毛で瑞々しい。葉はケヤキの葉とよく似ていて,先が長くとがってい
る。花期は5〜6月で,淡緑色の小さな目立たない花である。
 ウワバミの住みそうな所にはえるという意。また,瑞々しい茎からミズ,ミ
ズナと呼ばれることもあるが,イラクサ科にはウワバミソウとは別種のミズ
ある。山菜として有名デパートなどでも時々売られている。ゆでると,茎も葉
も一層青味が澄んで,くせもなくおいしい。山菜としての食用期間が長く梅雨
あけまで食べられる。青葉山では金属博物館へ向かう沢沿いや化石の森付近に
多い。

でゆの主みづという菜を土産にくれし(虚 子)

続きを読む "ウワバミソウ"

Posted in 青葉の森 on 2005年11月30日 22:00