2005年12月03日

クサソテツ




 やや湿った林下、特に、手入れのゆきとどいた杉林の下などに群生する。
早春の山菜として名の通っているコゴミは、このクサソテツの若芽である。若
芽の先が、くるっと巻いている様子は、ちょうど肩をすぼめて、こごんで
(しゃがんで)いるようであり、これが別名の由来でもある。
 春先は10cmほどであるが、その後ぐんぐん伸び、夏には、大きなものでは1m
にもおよぶ葉を、根元から四方に広げ、ちょうどソテツのようである。鮮やか
な緑色で、特に茎の3本線がよく目立つ。
 秋に、束生した葉の中心から、赤褐色の胞子葉をのばす二葉性で、これは葉
が枯れた後でも残っている。

続きを読む "クサソテツ"

Posted in 青葉の森 on 2005年12月03日 20:50