2005年12月03日

メヒシバ




 畑や道ばたに見られる一年草で高さ30〜90cm、葉は線形で薄く淡緑色。葉の
鞘には白く長い毛がある。7〜11月頃、緑色の細い花穂をつける。
 花の茎で引っ切り遊びをすることから“スモートリ”の別名もある。
 「雌日芝(めひしば)」は「雄日芝(おひしば)」に対する呼称。“日芝”と
は日なたに生える芝の意であろう。

続きを読む "メヒシバ"

Posted in 青葉の森 on 2005年12月03日 21:30